躁鬱病の最適な治療方法を提案|医師への相談が大切になってきます

女性

精神的な病とその症状

笑顔の女性

具体的に起こり得る症状

仕事や学校、家庭でのストレスが原因で心身に影響が出てしまう人が増えてきています。この場合、ため込んだストレスを発散することができずにそのまま放置してしまうことによって、様々な症状がひきおこされていきます。例えば、気分が急激に落ち込んでしまう、集中力が低下して仕事が手につかない、こうした症状が現れることもあります。この他にも睡眠障害や食欲低下、注意力散漫といった症状を併発することもあるため注意が必要になってきます。ごくごく軽度の症状であればまだ対処していくことができるのですが、症状が深刻化すれば自分で日常生活を送ることもままならなくなり、周りの人間にも被害が及ぶことも考えられるのです。こうした精神的な症状はうつ病などの精神疾患が元になっている可能性があります。特に先に挙げたような症状が慢性化している、そしてそれらの症状が悪循環を招き深刻化しているという場合には早急に専門の病院を受診することをお勧めします。こうした精神疾患は自分だけで正確な診断、そして治療を行うことは難しく、専門医の助けがあって初めて克服できるものなのです。気になる症状があるという人は出来るだけ早い段階で行動に移すようにしていきましょう。診断が難しい精神疾患としてよく知られているのが躁鬱病です。躁鬱病はその名の通り、躁状態の期間と鬱状態の期間を交互に繰り返していく病気です。うつ病以上に気を遣って治療を始める必要がありますし、それ以上に周りの人間のサポートが不可欠なものでもあります。

躁鬱状態の症状変化

躁鬱病は先に述べたように躁状態と鬱状態を交互に繰り返していきます。軽度の場合は症状がわかりにくく、一見すると専門医ですら見極めることができません。さらに最初のうちは年単位でこの躁鬱状態が切り替わっていくため、患者本人や周りの人間もその変化に気が付くことができないのです。最近妙に疲れやすい、疲れがたまっている、こうした時期が続いたと思ったら、急に調子が良くなって何事にも意欲的に取り組めるようになったといったように急激な症状の変化が現れます。もちろん、この状態の切り替えのタイミングは人それぞれで変わってきますし、その都度数か月程度の期間が開く場合もあります。ですが、躁鬱病が深刻化すると症状が深刻化し、躁と鬱の切り替え期間もドンドンと短くなっていきます。躁状態の症状が進んだとしてもさほど悪影響がないのではと思われる人も中にはいるかもしれませんが、実際は鬱状態以上に注意が必要になってきます。急激に意欲が増したり、気分が良くなるので周りの人間、特に家族は否応なしに巻き込まれます。中にはこれが原因で家族側が先に滅入ってしまうというケースもあるのです。さらに、躁状態から鬱状態に切り替わるタイミングで急激な気分の落ち込み、自殺願望が強くなる傾向も顕著に現れます。人によってはこうした症状から病院に一時的に入院してこの期間を乗り切るという人もいるほどです。病院であれば、その都度適切な治療、投薬が行われますし、家族の負担も最小限に抑えることができます。もちろん、病院に通院する形で病気を克服する人も中にはいますが、こうした方法もあるという点だけは押さえておくと良いでしょう。

Copyright© 2016 躁鬱病の最適な治療方法を提案|医師への相談が大切になってきますAll Rights Reserved.