躁鬱病の最適な治療方法を提案|医師への相談が大切になってきます

女性

躁鬱の症状とその治療方法

女性

躁鬱の解消方法とは

精神疾患の中でもとりわけ診断が難しいとされているのが躁鬱病です。躁鬱病とはその名の通り、躁状態と鬱状態を繰り返し、心身に影響を与えていくという病気です。世間で良く知られている鬱病とは違い、その期間ごとに躁と鬱、状態が変化していくのでより治療が難しくなっていくのです。しかも、躁状態と鬱状態の切り替わりのタイミングで自殺願望、さらには過剰な興奮状態がひきおこされることがあるので、患者本人はもちろん、周りの人間にも悪影響が出てくるケースもあります。躁鬱病は軽度の状態であれば自覚症状がほとんどありません。周りの人間もその異変に気が付くことができず、発見が遅れてしまうというケースも少なくありません。正確な診断は専門の病院、ここでは精神科や心療内科で行われることになるため、その分行動が遅れてしまうこともあるのです。躁鬱病などの精神疾患を発症した場合、精神科や心療内科への受診は必須となりますが、中にはそれに抵抗を感じる人もいるでしょう。ですが、こうした精神疾患は自分一人で克服できるものではありません。専門家の助けやカウンセリング、そして投薬治療があってはじめて、完全に克服していくことができるのです。少しでも気になる清浄がある、という場合には出来るだけ早く、病院を受診していくようにしましょう。これによって症状の深刻化を防ぐことができますし、通院することによって仕事やプライベートに影響を及ぼすリスクも軽減していくことが可能になるのです。

注意したい症状

躁鬱病の症状の中でもとりわけ注意が必要なのが、鬱状態時の自殺願望、そして躁状態時の過剰な興奮です。鬱状態の時はどうしても気分が落ち込み、注意力が散漫になってしまいます。特に躁状態からの切り替わりによって衝動的に自殺に走る患者も中にはいるので、とりわけ気を配っていく必要があるのです。更に、躁状態時の興奮についても、周りの人間は気を付ける必要があります。躁状態の時は意欲がより強くなり、仕事やプライベート、趣味にと活動が活発になっていく傾向があります。ただ、だからといってすべての行動が正確に行われるのかと言われればそうではありません。むしろ周りへの影響を考えず一人で突っ走ってしまうことが多くなるので、周りの人間、特に家族は負担を多く感じることになるのです。仕事ではミスを連発する、さらには周りを置いてきぼりにして一人興奮している、こうした状態が続くと周りの人間が先に滅入ってしまいます。こうしたケースでは、必要に応じて専門の病院への入院も視野に入れておくことをお勧めします。患者本人に悪気があってのことではなく、あくまで病気が原因でこうした言動を繰り返すのでむやみに患者を責めることもできません。家族や周りの人間が先に滅入ってしまう前に、専門の医療機関の助けを借りていくのです。そうすることで周りの人間の精神面を考慮することができますし、患者本人にとっても適切な治療、徹底した管理体制が可能になるので損はないのです。人それぞれ治療方針やケースは異なるので一概に言えることではありませんが、何かしらの負担を感じたらすぐに病院に相談する、これを徹底するようにしていきましょう。

Copyright© 2016 躁鬱病の最適な治療方法を提案|医師への相談が大切になってきますAll Rights Reserved.