躁鬱病の最適な治療方法を提案|医師への相談が大切になってきます

女性

受診すべき科

看護師

科の選択内容

躁鬱病だと感じたら行くべき病院は精神科があるところです。総合病院や大学病院など色々な科が入っている病院でも良いですが、それ専門の精神科クリニック、メンタルヘルスクリニックなどでも大丈夫です。躁鬱病と言っても人によって症状の出方や状態が違います。同じ躁鬱病でも発症し始めたばかりのごく軽いものもあれば、症状に気づいていたものの受診が遅れて重症化してしまったものもあります。症状が重く、入院する可能性があれば入院施設や病棟があるところのほうが後々移動しなくて済むので楽になります。最近は敷居を低くして、躁鬱病の人でも通いやすいように精神科ではなく心療内科として科を設けているところもあります。心療内科はもともとは心身症などの治療を主にしていますが、精神科としての機能をしているところもあります。躁鬱病の患者は躁の状態の時は特に、自分が病気だとは思えないので病院に行くことを嫌がる傾向にあります。精神病院ではなく心療内科と捉えると抵抗なく病院に行ける患者も多いので、病院に通いたくないのはそういった世間の目など心理的なものが作用していることが考えらえます。その為、精神病院ではなく心療内科に行くようにすると精神的負担も少なくすんなりと受診までこぎつけることが多いようです。心療内科を受診する時は、そこに精神科専門の医師がいるのかどうかが大事になります。心療内科が行きやすくてもそこに専門の医師が居なければ適切な診断も治療も行えなくなる可能性があるからです。

クリニックの見つけ方

病状によってどういった科に行くべきか大体把握したら、実際に病院を探すことになります。別の病状などでかかりつけ医が居るのであれば、そのかかりつけ医に症状を説明してどこの病院が良いか相談することで何か情報を得ることが出来たり、病院を紹介してもらうことが出来ます。職場では産業医にまず相談してみることも一つの手段です。自宅から近く通いやすい場所に病院があるのであれば、とりあえずまずはそこに行ってみるのも色々な話が出来るはずです。インターネットで検索しても色々な情報が出てくるので気になる病院をピックアップしたらまずは問い合わせしてみるべきです。インターネットで検索することの最大のメリットは、実際に受診した人の評価が見れるということです。口コミは簡単に見られるようになっていますし、読んでいるだけでも雰囲気や医師の対応、治療の取り組み方、などが様々見えてくると言われます。その口コミや評価が必ずしも自分にとって有益な情報になるとは限らないのですが、病院探しの手助けにはなるようです。予約しないでいきなり受診すると、待ち時間が長かったり担当の専門医が居なかったりすることもあるので予約は必ずしていくべきです。躁鬱病患者だけでなく、様々な精神疾患を持った患者が集まるので一人一人に時間がゆっくり割けずに診察時間も短く手を抜いた対応をしていると感じられることもあるようですが、そんな時のために症状を詳しく話して細かく質問できるように予め箇条書きでも良いのでメモしてから行くと短い時間の中でも漏れがなく相談できるようになります。

Copyright© 2016 躁鬱病の最適な治療方法を提案|医師への相談が大切になってきますAll Rights Reserved.